【Wi-Fi 3社比較表】GMOギガゴリ・ネクストモバイル・それがだいじ 最適はどれだ!?

2020年5月2日ポケットWi-Fi

こんばんは。カウントです。今日は、GMOギガゴリWi-Fi・ネクストモバイル・それがだいじWi-Fiの3社の比較をします。今回は表を中心に説明していこうと思います。

最後に各会社の契約プランについて詳しく取り上げている記事のリンクも貼っておきますので、参考にしていただければ幸いです。

では、本題です。

 

プラン一覧

各社プラン20GB30GB50GB使い放題
GMOギガゴリWi-Fi-
ネクストモバイル-
それがだいじWi-Fi

 

プランは各社こんな感じです。『それがだいじWi-Fi』のみ4種類すべてのプランを契約することが可能です。『GMOギガゴリWi-Fi』、『ネクストモバイル』は50GBがない代わりに使い放題プランが出ています。

この表で見ると各社同じようなプランが出ていることがわかります。20GB~30GBが一般的で、このあたりがかなり人気が高いプランだということが考えられます。

 

※『それがだいじWi-Fi』の使い放題は100GB保証プランです。完全使い放題ではないのでご注意ください。また、『ネクストモバイル』の使い放題プランは2020年4月11日時点受付終了してます。

 

月額料金

月額料金20GB30GB50GB使い放題
GMOギガゴリWi-Fi2,350円2,650円-
3,460円
それがだいじ2,380円2,680円2,980円3,180円
ネクストモバイルWi-Fi2,400円2,700円-3,100円

※表記はすべて税抜きです。

 

月額料金に関してですが、こちらは3社とも接戦した金額となっています。順位として1位 『GMOギガゴリWi-Fi』 2位が『それがだいじWi-Fi』、3位が『ネクストモバイル』です。

 

ただし、使い放題に関しては順位が完全に逆転します。『ネクストモバイル』が1位に浮上し3,100円と最安値をたたき出しています。

これがリリースされたのが2020年の2月頃でわずか2ヶ月経たないうちに申し込みが終了してしまいました。この金額で使い放題はなかなかなみないので、当然ですよね。契約できた方はラッキーです。

 

『それがだいじWiFi』も安いのですが、完全使い放題ではなく100GB保証で100GB以上いくと通信制限される場合があると曖昧な表現で公式で説明されています。

まぁ、かなりヘビーな使い方をしない限りは100GBを超えることは少ないでしょう。

 

『GMOギガゴリWiFi』の使い放題に関しては2020年4月8日から提供が始まったばかりです。大手3回線を自在に使用できるメリットと、海外使用(別途料金 1日あたりにて)も可能なのが売りです。

そのため、少し割高にはなっていますが、金額的にはお得です。

 

端末基本スペック

 

出典:ネクストモバイル

 

基本スペックGMOギガゴリWi-FiネクストモバイルそれがだいじWi-Fi
端末(20GB~50GB)FS030WFS030WFS030W
重さ128g128g128g
電池容量3,060mAh3,060mAh3,500mAh
連続通信時間(Wi-Fi)20時間20時間20時間
サイズ幅74*74*17.3mm74*74*17.3mm74*74*17.3mm
同時接続台数(Wi-Fi)15台15台15台

 

通信速度

速度GMOギガゴリWi-FiネクストモバイルそれがだいじWi-Fi
下り最大速度(4GLTE)150Mbps150Mbps150Mbps
上り最大速度(4GLTE)50Mbps50Mbps50Mbps
下り最大速度(3G)42Mbps42Mbps42Mbps
上り最大速度(3G)5.76Mbps5.76Mbps5.76Mbps
通信制限時の速度128kbps128kbps128kbps

 

端末の基本スペックですが、3社とも基本的には変わりません。端末はすべて同じものなはずなのですが、唯一それがだいじWiFiだけ電池容量が2社と比べて多いです。

大きさや重さ、通信速度などはすべて共通しています。端末で3社比較する意味がほとんどありません。どれも同じです。

 

例外だけ少し書いておきますが、ギガゴリWiFiの使い放題プランの端末とネクストモバイルのホームWi-Fi(有線LAN接続が可能なもの)は端末が異なります。

 

 

『GMOギガゴリWi-Fi』はこれ

出典:ギガゴリWi-Fi

通信速度や電池容量はほぼFS030Wとスペックは変わりありません。大きさと重さ、接続台数が異なるぐらいです。

 

 

 

『ネクストモバイル』のホームWi-Fiはこれ

出典:ネクストモバイル

ホームタイプでルーター等も必要なく、無線仕様と有線LAN(1つ)を使用することが可能です。こちらも、基本スペックはFS030Wに準じます。

 

契約関連

 GMOギガゴリWi-FiネクストモバイルそれがだいじWi-Fi
契約年数1年2年3年
契約事務手数料3,000円3,000円3,000円
更新後の料金変動500円アップ500円アップ変動なし
解約金(契約中)1~12カ月間18,000円0~12カ月 19,000円
13~24カ月 14,000円
9,500円
+端末料金残額分
解約金(更新月以外)8,000円9,500円9,500円
解約時返却するもの本体端末SIMカード
返送料自己負担自己負担

 

(※GMOギガゴリWi-Fiの使い放題プランは2年契約で更新後の料金変動がありません。)

 

この3社比較で最も重要な比較は契約関連です。

3社とも端末や料金等は似たり寄ったりですが、契約関連が大きく異なり、表をみると明らかですが、契約年数がことなったり、解約手数料、返却の有無など契約する会社によって変わります。

 

 

端末はあげるけどSIMカードは返してね。という『それがだいじWi-Fi』

 

端末はレンタルだから解約する場合は返却してね。という『GMOギガゴリWi-Fi』

 

端末はあげちゃうけど途中解約金たかいよ。という『ネクストモバイル』

 

 

と契約一つとっても様々な条件があることがわかります。

ここで一番検討しておきたいことは契約期間と更新後の料金です。契約年数の縛りは長いですが、更新後も料金があがらない『それがだいじWi-Fi』は他2社に比べ良心的と言えます。

 

ただ、Wi-Fiの料金は1~2年スパンで安くなっているのがここ最近までの傾向です。2020年に5Gが導入されさらに今後月額料金をおとしたWi-Fiが登場してくる可能性も大いにあります。

 

そのため、個人的感覚としては1~2年契約の『GMOギガゴリWi-Fi』や『ネクストモバイル』の方が良いのでは?と思います。

 

 

オプションプラン

 GMOギガゴリWi-FiネクストモバイルそれがだいじWi-Fi
安心サポート300円/月300円/月
上記キャンペーン2カ月無料
水濡れ対応サポート500円/月500円/月
上記キャンペーン初月無料
修理代金無料
(6カ月に1度)
無料2,000円
(リファビッシュ品 2年で2回限度)

 

 

最後に、オプションプランについてですが、これは契約してもしなくてもどちらでも良いと私は思ってます。特に返却等が無い『ネクストモバイル』では必要が無い気がします。

 

端末を返却する必要がある『GMOギガゴリWi-Fi』と契約期間が長い『それがだいじWi-Fi』はあった方が良いでしょう。この2社に関しては単純にリスク回避という意味ではオプションプランを契約する価値が十分にあります。

 

万が一端末が壊れたりすると購入しなおしたり、損害金を取られたりなど余計な出費が出てしまう可能性もなくはないです。

安心サポートはそれを最小限に抑えてくれますので、この2社を契約する時は十分に検討することをお勧めします。もちろんしなくてもOKだと思います。

 

総評

3社様々な契約条件がありましたが、個人的なお勧め順位としては、下記の通りです。

  1. ネクストモバイル
  2. それがだいじWi-Fi
  3. ギガゴリWi-Fi

 

ネクストモバイル』は2社に比べるとリスクが最小限で2年間使用できるため、1番に持ってきました。月額料金は一番高いですが、解約後の手間が少なく、端末もそのまま手に入るので2年後にSIMのみ契約して使用することもできます。

 

それがだいじWi-Fi』は3年後も料金が変わらないのが魅力的です。端末も手に入るしネクストモバイルよりも安いしこっちの方が良いという方もいるかと思いますが、

SIMカード返却が手間なのと万が一返却した時のSIMカード調子が悪いと手数料がとられる可能性と3年縛りという点で2番にしました。

 

GMOギガゴリWi-Fi』は他2社に比べると月額料金最安値で契約期間も1年間と縛り期間も短いので、かなりおススメではあるのですが、 端末を返却する点が一番のネックです。

それが無ければ間違いなく1位に持ってくるぐらいおすすめなWi-Fiでした。契約会社も大手インターネット事業会社のGMOで世間的にも有名なため安心感も他社に比べると格段に高いです。

 

それぞれメリット・デメリットがあり、何を重きを置くかで変わってきますので、私が言った順位が絶対ではないので誤解のないようお願いします。

 

 

終わりに

今回格安Wi-Fi 3社を比較しましたが、によって最適なものは異なってくると思います。もっと詳しく説明している個別記事もありますので、気になった方はこちらも参考にしてください。

 

 

それでは!