【それがだいじWi-Fi】月額料金は安いけど注意点もあり

2020年5月2日ポケットWi-Fi

こんばんは。カウントです。今日は、4つのプランが選べるそれが大事Wi-Fiについて書こうと思います。では早速本題です。

4つのプラン概要

それがだいじWi-Fiは選べる4つのプランを提供しています。月額料金と上限容量はこちら。

  • 20GBプラン 2,380円/月(税抜き)
  • 30GBプラン 2,680円/月(税抜き)
  • 50GBプラン 2,980円/月(税抜き)
  • 100GB保証プラン 3,150円/月(税抜き)

※2020年4月5日時点

 

ルーターはFS030W(富士ソフト)

基本スペックは下り最大150Mbps 上り最大50Mbps 128gの軽い端末で15台数同時接続 バッテリー容量が3,500mAhを備えている標準的なWi-Fiです。

 

特徴

4つのプランの特徴はすべて共通しています。

  • 3年更新
  • 3年更新時月額料金が変わらない
  • 端末が実質0円で購入できる
  • 月上限容量まで使い放題
  • ソフトバンク回線を使用
  • ネット申し込みで完結できる

 

それがだいじWi-Fiは3年という少し長い期間の契約となりますが、3年後も月額料金が変わらないという点は素晴らしいです。

37カ月目が更新月になるのですが、その時に解約すればもちろん違約金等はかかりません。3年間の間にルーター代金を支払うのですが、(端末代金36,000円(税抜き))

 

割引で実質端末代金0円なので、月額かかる料金は契約したGB数に準じています。公式サイトに割引明細が書いてありますが、

 

参考までに20GBのプランを明記しておきます。

 

基本使用料5,800円+ ルーター端末代金 1,000円 -3年割引Ⅰ -4,420円=2,380円

3年更新の時は端末代金がなくなり 更新した場合は3年割引Ⅱに自動以降し、割引料金が5,800円-3,420円=2,380円といったかんじになってます。

 

7年目以降の割引は現状不明ですが、おそらく同じような割引か別のプランの案内があることでしょう。

 

別のWi-Fi記事でも同じような内容を記載していますが、月上限容量までは使い放題で速度制限がかかりません。3日間で10GBまでといったそうな制限がないのも特徴です。

 

 

また、通信回線は安心のソフトバンク回線です。それがだいじWi-Fiの対応エリア確認サイトが載っています。大手の回線を利用していますので、使用感は全く問題ないといえるでしょう。

 

この手のWi-Fiはネットで申し込みが完結するというのが時間的費用対効果が抜群です。それがだいじWi-Fiは申し込みの際本人確認書類が必要ですので用意してから申し込みをしましょう。

 

注意点

それがだいじWi-Fiの契約時に注意したいのが下記の6項目です。

  • 3年縛りで契約期間が長い
  • 更新月以外は解約金(9,500円(税抜き))がかかる
  • 解約時SIMカードの返却が必要(返送料は自己負担)
  • 紛失した場合SIMカードの再発行手数料3,000円かかる
  • 安心パックは端末修理以外にSIM再発行手数料がかかる場合がある
  • クレジットカードのみの対応

 

それがだいじWi-Fiは契約期間が3年と長期にわたります。時代の流れが速い現代としては3年という期間は長い部類に入るのでは?と私は思います。

一般にポケットWi-Fiと呼ばれる持ち運びタイプのルーターは金額の変化がとても早いです。数年前の価格は何だったのか?というぐらい値段が変化している業界です。

 

 

私自身8年間ぐらいポケットWi-Fi端末を使用していますが、2020年度は金額は8年前の約半額ぐらいまで下がっているのが実情です。

そして新たな5Gという回線の登場でさらに混沌化する通信業界ですので、ポケットWi-Fi関連はさらに値段を下げてくるところが出てくるかもしれません。

 

その中で3年契約をするというのは少々損する可能性も含まれています。それがだいじWi-Fiもかなり安いですが、3年という縛りが重くのしかかってきます。

解約金は9,500円(税抜き)と一般的ですが、いざ安いプランが他社で出てきて変えようとしたとき乗り換え割がないとしんどくなります。

 

逆に6年間は固定費用がかわらないので、長期利用をする方にとってはいいかもしれません。

ルーター端末は持ち運べますし、引っ越ししたとしてもソフトバンク回線なので対応エリアも広く安心でよっぽど山奥に行かなければ問題ないでしょう。

 

心配なのは長期利用していることによる端末の消耗です。電池パックは間違いなく充電が持たなくなってくることでしょう。

幸い電池パックは取り換えはできるのでAmazonとかで互換バッテリーなどを探せば何とかなるかもしれません。

 

また、端末自体の故障に関しては安心サポート(500円/月 税抜き)に入っていれば2,000円(税抜き)で修理をしてもらえます。(SIMカードを再発行する場合は別途3,000円(税抜き)がかかります。)

 

安心パックに入っておらず、万が一端末を再購入することになった場合ですが、30,000円(税抜き)かかりますので注意が必要です。

 

また、更新月に解約する場合ですが、SIMカードのみ解約月の翌月15日19:00までに返送しなければなりません。

返送送料は自己負担となっています。この点は少し面倒な手続きを踏まなければなりません。

 

この時点で紛失または破損等で返却できない場合でも3,000円(税別)がかかります。まぁ、めったに壊れることはないと思いますが・・・

ただ、端末は自分のものにすることができますし、SIMフリー対応品なので、SIMだけほかの会社で契約して使用するということができます。

 

継続するか他社に変えるかは3年後の市場がどうなっているかで判断するのがいいかと思います。

 

100GBプランについて

最後に100GBプランについてちょっと気になる文言があたので書きたいと思います。

 

使い放題ではなく、100GBプランという大容量のプランを打ち出しているそれがだいじWi-Fiですが、

月間100GBも超えることは通常の使い方(メール、インターネット閲覧、動画閲覧等)ではほぼ必要なくオーバースペックに感じます。

 

 

オンラインゲームなどをやる方向けだと考えられますが、金額としては1GBあたりの料金が一番安いです。

50GBと比べても月額200円ぐらいしか差がなく、契約するなら100GBプランの方がお得じゃないかと思ってしまうほどです。

 

また、気になる公式ホームぺージの記述として、

 

『キャリアの判断により通信速度を当月末まで送受信時最大128kbpsに低速化される場合があります。』

『違法ダウンロードや不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。』

出典:https://www.soregadaiji-wifi.com/

 

こんな文言があります。

 

低速化される場合がありますというのは、100GBを使用しても もしかしたら速度制限されないのでは?という曖昧な表現のため実質使い放題と考えてもよさそうです。

 

また、2つ目の記述として、違法や不正という言葉がありますが、そのような形で利用しない限りは2020年時点では月額100GBを超えることはないといっていると解釈もできます。

 

まぁ、100GBもあれば、ほぼほぼ使い放題と同じような感覚だと思いますので、月額料金を考えたとしても検討の余地はありそうです

 

総評

1、2年で他のWi-Fiに代える検討をするのが面倒な人には最適!

月額料金もかなり安い部類で更新月以降も価格がかわりませんのでおすすめではありますが、

 

SIMカードのみ自己負担で返送しなければならないのと3年縛りというこの2点が最大のネックになってきます。

その部分を十分に検討し、4種類あるプランから自分に合ったプランを選んでみてはいかがでしょうか!

 

それでは!!