【初登場!】スターライト・ウィッシングプレイス ディズニー七夕デイズ2019

minka2507 / Pixabay
Pocket
LINEで送る

こんばんは。カウントです。今日は東京ディズニーリゾート2019年の七夕プログラムについて書こうと思います。早速本題です。

2019年の七夕イベント

今年の七夕イベントは東京ディズニーリゾート内で6月6日~7月7日までの約一ヶ月間の開催となり、昨年同様の七夕としては長期間でのイベント2回目となります。

今年のイチオシ

2019年も両パークで開催される七夕ですが、東京ディズニーランドのワールドバザールで夜プロジェクションマッピング的な演出が行われます。これは、東京ディズニーリゾート35周年のハピエストセレブレーションタワーの影響によるところが大きいのだと思いますが、

七夕イベントの新要素として期待できますね~ストリートの名称は『スターライトウィッシングプレイス』となっていて、光と音、七夕ならではの映像が流れます。さすがに銀テープなどはないでしょうが☆の紙吹雪とかあったら楽しいですよねぇ。(確か2003年ごろは紙吹雪あった気が・・・ドリームスオンパレードだったかな??)

 

今後、定番化していくのだと思いますが、初年度が一番よかったりしますので、これは皆さん必見ですよ!

中央モニュメントと短冊

1年ぶりにワールドバザール中央にはおおきな笹が登場します。2018年はハピエストセレブレーションタワーがあったため、ウォルト・ディズニー像の両脇という特殊型でしたが、今年はもとに戻ります。(これにより、ハピエストセレブレーションタワーは完全撤去確定です。そもそも、3/26にはなくなると思いますが。。)

ミッキー型の短冊に願いを書いて結びつけることができるウィッシングカードも健在です。今年のウィッシングカードはパーク内のデザイン(ランド・シー共通)を筆頭に各ディズニーホテル(アンバサダーホテル・ミラコスタ・ランドホテル)の4種類登場します。

 

ホテルは、レストランとラウンジで対象メニューを食べた人がもらえる形になっています。各ホテルのスペシャルメニューは6月3日からスタートしますが、パーク内でのイベントは6月6日からなので、注意しましょう!

ホテルとパーク内のウィッシングカードはデザインが異なります。パーク内はミッキー&ミニーのシルエット。ホテルはミッキーミニーのイラストがかいてあり、各ホテルによってカードの色が違います。イラストはすべて同じなので、好きな色のカードがあるところで食事するのがベストでしょう。

グリーティングについて

また、期間限定で、行われるグリーティングは去年とほぼ代わり映えはしないと思います。出演するキャラクターは東京ディズニーランドの方が多く32名に対し、

東京ディズニーシーはわずか8名という少なさです。いっそのこと東京ディズニーシーではやらなくても良いのでは?と思ってしまいますね。

スペシャルグッズについて

今年も両パーク共通での販売となります。2014年から東京ディズニーシーと同時開催となった七夕イベントですがこの頃から両パーク共通デザインで販売されていますね。

スペシャルグッズの販売は6月3日~でイベントに先駆けて販売です。スターライトウッシングプレイスに登場する星座モチーフの製品や例年通りの織姫と彦星の年に一度の再開をイメージした商品が約40種類登場します。

その他にもパーク内装飾デザインの扇子やてぬぐい、浴衣などの商品も10種類登場し、全部で50種類になります。

現段階でわかっているもので、

  • ぬいぐるみバッジ
  • 星座のキーチェーン
  • パーク内装飾品

の3つです。星座のキーチェーンの中でミッキーデザインのものがあるのですがこちらは7月1日かと少し遅めの登場になりますので、初日に行ってもないのできをつけましょう!

スペシャルメニューについて

スーベニア付きの商品を含め10種類が登場予定です。特におすすめなのは、七夕期間限定で笹や天の川をイメージしたカクテルです。東京ディズニーシーで5種類販売予定でどれも写真が映えるような飲み物になっています。これは楽しみですね~

個人的にですが東京ディズニーシーは七夕グリーティングをやるぐらいならフードやドリンクにもっと力を入れて欲しいものです。最近とりあえずキャラ出しておこう感が半端ないので。

終わりに

今年の七夕も去年と同様に約一ヶ月間の開催となり、年を重ねるごとにイベントが長くなってきてますね~

7月1日~7月7日の期間限定でもいい気がしますが、ゆっくり見れるということで!それでは!

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*