【結婚式場選び失敗談!】初めて式場行く人は注意しよう。

2020年5月4日お役立ち情報

こんばんは。カウントです。今日は、私たちの結婚式場選びを今日は書こうと思います。ほんとに、たくさんの式場があって、みなさん迷いますよね。私たちも見事に最初失敗してしまいました。


いや実に単純なことではあったのですが、初めてだと簡単に引っ掛かるものです。(笑) まずは、このご時世にもかかわらず、結婚式を挙げたようとしたきっかけも少し触れながら本題に移っていこうと思います。


※式場選びは2014年に行ったものです。2020年ではありません。

結婚披露宴を挙げたきっかけ

 私たちはもともと、家族婚ぐらいの小さい結婚式を計画していていました。大勢の人を呼んで結婚式をやろうなんざお金もなかったため考えてもいませんでした。(入籍は社会人1年目でしています。)

妻と結婚式の話をしていた時も、小規模計画が大前提。まぁ、二人だけでもいいね!って感じでした。とりあえず実際の式場に行ってみないことには始まりませんので、王道のゼクシィを手に取り式場探しを開始。



探していく中で、ある程度の候補を絞ってきた段階で、親に『家族婚でやるけどいいよね?』一応相談をしたら、父親に大反対を受けました。

父親は現代では珍しく兄弟が多い家庭の田舎出身でしたので、結婚式は派手にやる風習があります。お祝い事になるとみんなで盛大に祝うのが恒例ですので、兄弟の子どもの結婚式に全部出てきてます。

自分の子だけやらないのは、癪にさわったらしく、家を貸すから金ためて結婚式(普通にいろんな人呼んで)やってくれと。お願いされました。

お願いを突き返しても良かったのですが、無理言って結婚を承諾してもらった手前やるしかなかったです。
(※もう一度言いますが、社会人1年目で結婚をしています。)

そんなこんなで、式場選びがスタートしました。

結婚式場の選び方

選び方で大事なのは以下の3つです。

  • 譲れない項目の書き出し
  • タイプ別に探す
  • 料金プランの比較

式場の選び方としては分たちの譲れない項目を必ず書き出すことです。これはもう必須事項と言えます。この項目がぶれると式場選びは確実に失敗します。

私達が重要視した項目はこちら。

  1. チャペルでの挙式
  2. 食事のクオリティ
  3. 国内結婚式場
  4. 予算
  5. 式場と公共交通機関のアクセス

予算が4番目にきているのも考えモノですが、私たちはこんな結果になりました。特にチャペルでの挙式と食事のクオリティだけは妥協しないと決めていました。

チャペルでの挙式は妻のあこがれ。これは当然この項目に入ってくる方も多いと思います。
食事のクオリティに関しては来ていただくお客様への最大限の感謝の気持ちの表しとして私がこだわりました。

上記に沿ってゼクシィで式場を探し申し込み、ほとんど試食付だったと記憶しています。今思うと式場選びをするだけで料理も試食できるのはお得ですよね!

2つ目としては、料金プランの比較。これは必ずやりましょう。意外と高いなと思っていた会場がそうでなかったり、またその逆もありますので、ここは絶対です。

1つの会場で決めてしまうのはあまりに危険です。これから話す、私たちと同じような失敗はしない方が良いですし比較することで改めてわかることもあります。

初めて式場に行く人は安易に1件めで決めず必ず複数の会場に足を運んで見積もりをもらって比較をしてください。

最後のポイントとしてタイプ別に見るのも重要です。

結婚式場は本当に全国にたくさんあります。全部みるときりがないので、私たちは3つのタイプで分けてみていくことにしました。

  • ゲストハウス
  • ホテル
  • レストランウエディング

実際にみていたのはホテルとゲストハウスが中心でした。レストランウェディングは予算的にホテルやゲストハウスが無理と判断したときのための予備でしたので、そこまで検討しませんでした。

重要視するポイントは皆さんそれぞれなので、2人で話し合って決めましょう。では、実際に私たちが行った式場に関して最後に書いていこうと思います。

式場巡り(失敗談含む)

私達はゼクシィで会場を探しつつ4つの式場に足を運びました。

  1. アートグレイス
  2. アニヴェルセル
  3. リーガロイヤルホテル
  4. ディズニーホテル(ミラコスタ/アンバサダー)

この4つの式場で一番最初に行ったアートグレイスで見事に式場選びの失敗をしてしまいました。では、実際のやり取りなどを含め1会場ずつ行きましょう。

※3件目にアニヴェルセルに行っていますが、は記憶に残らなかったので割愛します。

アートグレイス

アートグレイスとアニヴェルセルはゲストハウスとしては有名なところです。ゼクシィの写真写りが良く見え魅力的だったため1件目にアートグレイスへ行ってみました。

ここは、海外の庭園をモチーフになっていて、一軒家風の会場です。式場の外には庭やプールなど、見映えもよく写真映えもいい感じの式場です。

披露宴会場もおしゃれで、何カ所かあるのですが、各場所こだわりがあり二人とも初めてながら気に入ったところが多くあったのを今でも覚えています。

(当然行くの初めてだったのでなんでもよく見えるフィルターがかかっていたんだと思います。)


会場内を見た感じ、若干狭く座りずらそうでしたが、オープンキッチンや階段を下りていく演出などに惹かれてここでもいいよね~決定かなという気持ちもありました。

一通り見たあとは打合せ部屋に戻り、見積もりが提示されます。その後、一応希望の日程候補日を聞かれ、2~3日上げた後『少しお待ちください』とプランナーが日程確認をしてきます。


ここで、初めての人は騙されてはいけません。プランナーは絶対にこの言葉を言います。他はダメでしたが、第一希望の日付がたまたま空いてました。なんて都合のいいこと言うんですよ。

私達は、アートグレイスの中にある会場を大変気に入っていたためかなり心が揺れ動きました。
はい、これ完全に騙されています。(笑)


よっぽどじゃない限りはみなさん始めていく会場でのこの誘い文句は断った方が無難です。1件目なので気付かなかったのですが、他の式場を見た時にも全く同じことを言うプランナーさんがいましたので。

ただ、人気の会場は1年前から予約する人はほとんどですから。次回来た時その時間帯がない可能性もあることは事実です。


初見で直感でここしかないと思い2人で決断したのであれば良いのですが、1件目で早まって決めることはないでしょう。他にいいところがあるかもしれません。

日程を抑えていなければ、他を見ているうちに無くなっているかもしれないですが、その式場と縁がないだけだと思います。


そんなこといいつつも、私たちはアートグレイスが気に入っていたのでもうここでやる気は満々でした。その結果、仮成約という形で20万円を支払い日程を抑えました。

仮制約という都合のいい制度があるんですわ・・・一定期間までは日程確保しておくけど決められた期限までに本制約してという制度です。


当然、ここで式を挙げれば20万円分は式の費用に充当されますので、損ではありません。結果、私達はここで式をあげませんでしたけども。

仮制約で支払った金額は半分戻ってきましたが、半分は解約手数料として持っていかれました。高い授業料というか騙されたというか・・・いい経験でした。全く後悔はしていません。(笑)

リーガロイヤルホテル

アートグレイスで日程を確保して安心感のある中、ホテル婚というのも気になっていたため、とりあえず見に行ってみようという事でリーガーロイヤルホテルに行ってみました。

式場も宿泊場所も同じですのでアクセスも抜群です。価格もゲストハウスより驚くほど安かったですね~ホテルにとって結婚式はメイン事業ではないので当然かもしれませんが。


ここは、近くに大学のキャンパスがあり、チャペルの窓から見える感じが私たちにはNGでしたね。そこの卒業生同士ならいい思い出なのかもしれません。

まわりもビルに囲まれていてあまり、都心の中の結婚式場という感じであまり私たちには響きませんでした。式場からビル群が見えてしまうのもなんか特別感が無いですし。

ふとした瞬間に現実世界に引き戻されるような印象があったためまわってる途中でないかなーみたいな雰囲気になっていたした。一番最初に訪れたかったです。

リーガロイヤルホテルで特に印象的だったのは見積もり価格です。最初に提示されたものと、今日成約した場合の見積もりがあまりにかけ離れてて笑えました。

最初の価格なんだったの??と思うぐらいの値引き価格でした。顧客をがっちりつかみたい感じがすごかったです。

リーガロイヤルホテルは大阪の会社が親会社なので、関西的な割引の仕方でほら兄ちゃんこれだけまけたるで~みたいな感じでした。

金額は安いけども、会場は響かなかったリーガロイヤルホテルでした。

ディズニーホテル

最後はディズニーホテルを見に行きました。正直なところ私たちは元々ここで挙げたかったですが、普通に披露宴を挙げるとなるとちょっとお高いホテルです。

家族婚もしくは二人だけなら、普通に手が届く金額なのですが。。。どうせ、予算合わないから無理だよとか言いつつ、せっかくだし見に行こうという軽い気持ちでいきました。

もちろん、この時アートグレイスを成約済みでしたが、ブライダルイベントがあったのがアートグレイスや他の式場よりもよりも後でしたので、

ディズニーフェアリーテイルウェディングのブライダルフェアに行ったのが一番最後でした。


行ってみるとやっぱりここであげたいという気持ちは込み上げてきましたね。ディズニー好きな私たちにとっては魅力的で、ブライダルフェアを見ているだけでも楽しかったです。

せっかくなので、見積もりもプランナーさんにアンバサダーホテルとミラコスタの場合を依頼してみました。


ちなみに、ディズニーランドランド内の結婚式は750万円~というのを当時ホームページでみていたので、ここは検討しませんでした。

さすがに金額的に無理ですし、挙式会場に入れる人の人数が極端に少ないというデメリットもありましたので、即却下です。そもそも、値段が一般人向けではないですし、普通に帝国ホテルでも挙げることができる金額です。


見積の結果として、ミラコスタはやはり高かったですね~少々、厳しい金額提示だったのを記憶しています。もちろんディズニーランドで上げるよりかは安いですが、1年間2人で働いで貯金しても厳しい感じでした。

(※社会人1年目で結婚して、2年目に式を挙げる予定でした。そのため貯金する期間が約1年です。)


次に、アンバサダーの見積もりをみてみると、最初に行ったアートグレイスとさほど金額が変わらないことに気づき驚きを隠せませんでした。思わず目が点になりましたね。

最初の見積もりはどこの式場でも最低限の演出や料理のグレードも下の方で設定されています。ここをベースに予算に合わせて披露宴の演出や料理のグレード等を考えて金額が+αになるのですが、


アートグレイスでもアンバサダーホテルでも演出や料理のグレード等オプションをつけていくと合計金額にそこまで大きな差が無いことがわかりました。

アートグレイスも基本ベースは結構高いですが、演出が意外と入っていません。プラスアルファをすると結構金額いきます。


アンバサダーホテルは基本ベースに結構な演出がついていたので、こっちの方がお得じゃん!!と思うことが多く、結果的に仮成約してたアートグレイスをやめました。


紆余曲折あり解約金で10万円をアートグレイスへ支払いましたが代わりにDUO会員のカードをもらいました。このカードは、ホテルインターコンチネンタルの客室やレストランが割引になる会員カードです。

当時は、仮成約しただけでももらえました。一応券面を読むと永久会員という形で、制度が変わらなければずっと割引が利きます。10万円という損失がありましたが、結果的にはよかったと今でも思っています。

終わりに。

結婚式場選びはホント楽しかったですが、3件目ぐらいみてると大体同じ説明聞くので段々飽きてきます。あまり多くをまわりすぎず、5件ぐらいでとどめておくことをお勧めします。

そして、1件目で決めるのは極めて危険ですので、じっくりまわって検討しましょう。よっぽどのことが無ければ第一希望がそんなにすぐ埋まるはずもありません。

人気の高い式場ではそんな謳い文句は出てこないかもしれませんが、本当に心の底からここが良いと思わなければ、複数の会場に足を運びましょう!


では、皆さんに最適な結婚式場が見つかることを祈って。

それでは!