子連れ旅行に最適!『ときの湯温泉・ヘリテイジリゾート』へ行ってきました。@埼玉県熊谷市

2020年8月2日国内旅行・お出かけ

こんばんは。カウントです。今日は埼玉県熊谷市にあるヘリテイジリゾートについて書きたいと思います。

関東の子連れお泊りにぜひおすすめしたいリゾートホテルです。まずはざっくりと紹介から。

ヘリテイジリゾートとは?

ホテルリゾートや研修施設・総合スポーツ施設施設を展開している会社で、熊谷、飯能、秩父等埼玉県を中心に展開している会社です。

施設としては6ヶ所で展開しています。それぞれ天然温泉やバーベキュー等、特徴を持った施設になっています。

 

  • いこいの村美の山
  • 四季(とき)の湯温泉
  • ホテルヘリテイジ飯能sta.
  • BBQパラダイス
  • ドームレストラン カントンテーブル
  • 別所沼ヘリテイジ浦和

 

今回はときの湯温泉に宿泊したので、この施設について書こうと思います。まさか、埼玉県でこの値段でリゾート感が味わえるとは驚きでした・・・

少しホテルの紹介をしてから宿泊記に入りたいと思います。

ときの湯温泉

出典:ヘリテイジリゾートHP

『ときの湯温泉』は埼玉県熊谷市にあるのですが、都心(池袋から)1時間弱で行けるところです。車で行くと約8km手前から案内板が出ててくるほどで、周りにこのホテル施設以外は何もなく閑静な場所です。

ホテルは複合リゾート施設になっていて、天然温泉、宿泊、レストラン、ブライダル、スポーツ施設、研修施設などがあります。宿泊以外の施設が充実していて施設内でリゾート感を味わえます。

 

夏休みには期日限定では独自の花火大会も実施している珍しいリゾートホテルです。客室から見れる部屋に宿泊もできるので、子連れには混雑している会場に行くよりも全然いいと思います。

付帯施設

ホテル内のアクティビティ・食事など付帯施設が大変充実しています。ちなみにこんな感じ。

 

□温泉・リラックス施設
  • 混浴(水着着用)
  • 男女別温泉
  • 日帰り入浴&個室利用
  • エステ・マッサージ(様々なコースあり)

 

□スポーツ施設
  • グラウンドゴルフコース(9H 18H)
  • パターゴルフ
  • テニスコート
  • プール(夏季のみ)

 

 

□レストラン・カフェ
  • 創作料理あまの川
  • 中華料理セドレ
  • フレンチ・イタリアン じゃぽにか
  • 大広間ストラン 平安の間
  • ガーデンレストラン(朝食)
  • みやび(カフェラウンジ)
  • BARスローンレンジャー
  • ベーカリー ラ・グランジェ

 

□その他施設
  • 宴会・会議場
  • ブライダル(緑のガーデンチャペル)
  • BBQパラダイス(提携店)

温泉は混浴もあるので家族みんなで楽しめるのがポイントです。子ども~大人まで楽しめる施設が多くあり連泊してホテルライフを満喫するのがおすすめです。

ちなみに、『大広間レストラン 大安の間』は毎週板長が豊洲に出向き直接仕入れする厳選海鮮施設内で有機栽培されている素材で料理の提供を行っていますので絶品です。(こちら実際に食べましたので、写真は後程。)

 

また、季節によってはイベントも開催しています。

イベント(参考)

2020年度

  • 夏の花火大会 8月8日 8月13~8月15日他
  • 佐々木隊長と里山いきもの探検隊(5月は中止)10月末~11月開催予定
  • パン作り教室 7月24・25日 8月1・2・13~15・22日(4~12歳限定)

 

2019年より前

  • 夏の花火大会
  • 薪能 公演会
  • 里の森寄席(落語)
  • チャリティーカラオケ大会
  • ため池・谷津田の田植え体験
  • GW朝一(地元・自家菜園の野菜販売)

など様々なイベントも開催されています。また、地域柄を活かした自然体験もできるのも魅力的です。

都心では中々できない体験もできますので、子連れにはもってこいでしょう!!

 

2020年はコロナの影響で縮小してる部分はありますが、開催されるイベントもありますので、チェックしてみてください!

 

アクセス

〒360-0103埼玉県熊谷市小江川228

TEL:048-536-1212

関越自動車道 東松山ICより約15分

森林公園駅、熊谷駅よりシャトルバス 約20~25分

実際に泊ってきましたが、子連れの家族旅行にはかなりおススメでした。以下、体験談です。

 

宿泊体験談

夏季限定プール

その中でも今回利用した施設の中で子連れにおすすめなのが、プール施設です。プールは大きな円になっています。

半分が水深110cmになっていて、もう半分が2歳の子ども立てるぐらいの人口浜辺があり円の中心に近くなるほど深くなっていく構造です。大人であれば普通に立つことができます。

ホテルに併設されているプールのためアクセスが大変よく、疲れてもすぐに部屋に戻ることができます。

また、浮き輪の貸し出し等もやっていますので、レンタルもありだと思います。家族で楽しむにはかなりおすすめです。ホテル併設プールのため値段は少々はります。

 

  • 通常   大人1,400円 子ども1,000円
  • お盆期間 大人2,000円 子ども1,200円

 

そのかわりあまり混雑していないので、小さい子どもを遊ばせるにはちょうどいいです!

ホテルの宿泊プランでプール付もありますので、もし利用するのが決まっているのであればプール付プランをおすすめします。

 

余談ですが、当時はプール入場券を読売ファミリーサークルで手に入れることができ、その費用は抑えることができました。

(年会費1,404円 年間12枚まで提携施設の優待券が貰えるお得なサークルです。)

ときの湯(天然温泉)

ヘリテイジリゾートの目玉の天然温泉です。温泉は4つぐらいってどれも体休まる感じになってます。温泉の一番奥に混浴があります。

上から見た温泉施設の受付場所です。ここで手続きを済ませて

 

長い廊下を通っていくと温泉に行けます。ちょっと不思議な空間ですが・・・

長い廊下の通り過ぎると男女別に脱衣所があり、まずは男女別のお風呂が出てきます。

水着も一緒に持っていけばさらに奥にある混浴ゾーンを利用することができます。

※お風呂内は写真さすがに取れないので気になる人はストリートビューでお願いします。(ちなみにここが混浴ゾーンです。)

 

混浴ゾーンは基本露天風呂で木々が立ち並び、温泉の向かいには大きな滝もあり自然を感じながらリラックスすることができます。

 

滝には絶対に入らないでくださいと注意書があり手前に滝とは別の打たせ湯があるので、打たれたい方はそっちを利用しましょう。

※私達が利用したときはあまり入っている方は少なかったです。

家族連れが数組いたくらい。夜は虫が光によってくる気がするので日が出ている時間帯に温泉に入るのがいいと思います。

日中でも普通に虫はいました。虫が苦手な人は警戒だけしときましょう。

 

混浴ゾーンにはドリンクコーナーもあるので、温水プール感覚で利用するのもありですよ!

 

ちなみに温泉の受付で瓶牛乳やコーヒー、ラムネ、ビールなども売っていますので、風呂上りに飲むのもまた良きです。

 

レストラン『平安の間』

ときの湯から部屋に戻るまでの帰り道にレストラン 大広間「平安の間」があるのですが、ここは是非利用していただきたいレストランです。コスパ、食事の量、味の良さの三拍子が揃っています。

私たち自身、ホテル併設のレストランなので、大したことないかなと思っていたのですが、とんでも検討違いでした。ちなみに、頼んだのはこの3つ

 

『お子様御膳(1,200円)』

 

『北海丼(1,500円)』

 

『カンパチのカマ焼き(800円)』

写真で見て頂ければすぐわかると思うのですが、量がかなりあります。

そして、海鮮丼系のいくらの贅沢な使い方。都内ではありえないですよこれ!また、熊谷は山間部ですので海鮮自体どうかなと思ったのですが、美味しかったです。

 

※冒頭で触れましたが、板長が豊洲に足を運び仕入れている厳選素材です。絶品!

 

3つ頼みましたがハズレはなく大変満足行く食事でした。特におすすめはカンパチのカマ焼きです。量が2~3人前ぐらいありました。

油がのっていて、ほどよく塩っけもありお酒のつまみにもってこいです!思わず、日本酒を注文してしまいした。

 

支払いは基本現金ですが、宿泊している人は部屋付けが可能です。チェックアウトの際にまとめて支払いができるので便利です。

 

ラウンジ雅

ホテルの入口、ロビー付近にちょっとしたラウンジがあります。営業時間は9:00~17:00と少し短めですが、ケーキとドリンクを楽しめる空間があります。

価格もそこまで高くなくドリンクは1杯500円前後、ケーキセットで950円ぐらいです。

この時のメニューはこんな感じ。

 

私は自家製ジンジャーエールが気になったので、天皇が食べたと言われているケーキとセットで頼みました。ちなみに、ケーキセットのドリンクは自由に選べます。

ジンジャーはホテルの近くで作っているらしく、これがまた、甘味と酸味がほどよくおすすめしたい1品です。

 

また、ケーキはガトーショコラでしたが、回りに果物もあり、ちょっぴり豪勢にでてきました。

 

メロンとオレンジは甘く美味しかったですよ!おそらく旬な果物を出しているのだと思いますが950円でこれなら満足できる内容です。

もちろんこちらも部屋付けの会計が可能です。

朝食について

私たちは、朝食付のプランで宿泊したのですが、朝食はまずまずでした。(回りにお店少ないので朝食はつけといた方が無難です。)

 

よくあるビジネスホテルの朝食に近いブッフェ形式で、和洋両方あり、ザ・朝食という感じです。


食べ物も保温台においてあるのですが、時間帯によっては少し冷めています。

ちなみに、オーブントースターはあるので、パンは出来立てで食べられます。デザートやシリアル、各種ドリンクなどもちゃんとあります。

 

娘はヨーグルトとパンと果物を食べてました。

 

場所としては1Fでテラス席等もあり、ゆったりとした空間なのですが、この朝食がもう少し豪勢になると良い感じになるのかなと個人的には思いました。

おまけ

【ウエディング施設&イルミネーション】

ヘリテイジリゾートはウェディング事業も行っています。

外には、挙式開場的な場所があり、通常時は普通にはいれます。部屋のベランダから見ると結構きれいです。

こんな感じのイメージです。

ちなみに、夜になるとイルミネーションも展開されていて昼と夜で二つの顔を持っている幻想的な空間です。

私たちがいった日はあいにく風がものすごく強く、夏なのに寒かったので、外に出る気になれずイルミネーションの写真を取り損ねてしまいました。

次回はバッチリとりたいですね。

 

さらに、天皇陛下も来たことがある由緒正しいリゾートホテルという点もグッドです。以下は実際にホテル内に飾られている写真です。

総評

初めてヘリテイジリゾートを利用しましたが、ここは是非おすすめしたいリゾート施設です。

施設も充実していますし、何より従業員さんの対応が丁寧かつ洗練されています。とても心地よく休暇を過ごせました。

 

ホテル施設のまわりには他の施設がほぼないので静かでゆっくりできます。まさか関東圏でこんな素晴らしいところがあるとは、思ってなかったです。

 

最後にお値段ですが、この時は、8月中旬頃、ツインで朝食付一泊二日 大人2人 子ども(2歳) 1人 (添い寝料金2,160-) 夕食とラウンジ利用すべてこみで約25,000円でした!

小さい子どもをつれて家族でちょっとした旅行に行くにはほどよい感じだと思います。

都心や関東圏からのアクセスも悪くありませんし、従業員さんのサービスを考えると少し安いとも感じました。

 

ホテル室内で楽しむというよりかは、施設で楽しむところだと思います。

ヘリテイジリゾートが主催の夏の花火大会もあるみたいので、来年は日程あわせて泊まってみたいと思います。

終わりに

客室はいたって普通ですが、付帯施設が豪華すぎるヘリテイジリゾート、是非、家族旅行で利用してみてください!それでは!