2種類のポイントとANAマイルが貯まる!~東京メトロ利用者必須のソラチカカード~

TheDigitalWay / Pixabay
Pocket
LINEで送る

こんばんは。カウントです。今日はANAマイルが貯まりやすいANAソラチカカードについて書こうと思います。では、早速本題です。

ANAソラチカカードとは?

JCBとANA、東京メトロ、など三社が共同しているANAのクレジットカード機能付パスモです。このクレジットカードはパスモのオートチャージ機能があり、大変便利に活用できるクレジットカードです。

オートチャージの金額は改札前の多機能キップ購入台ですぐに変更することができます。初期設定は、残高2,000円になると3,000円オートチャージされるようになっていますので、利用にあわせて変更しましょう!

 

通勤等で東京メトロに乗る人は持っていた方がお得なカードになっています。

特徴

ソラチカカードの特徴としては3つの会社のポイントを効率よくためることができるところです。特徴としてはこの3つ。

  • メトロポイント(東京メトロ)
  • Oki Dokiポイント(JCB)
  • ANAマイル(全日本航空)

まず、日々ためることができるのがメトロポイントです。平日は乗車するだけで1区間5pt付与されます。1日に上限はなく往復するだけでも10ptもらうことが可能です。(ただし、定期区間内は対象外)

どんな区間でも1区間5pt貰えますので最安値の運賃で往復340円 ポイント還元率としては100円でやく3.4ポイントで30%という驚異の数字を叩き出します。土日の場合は乗車ポイントが3倍になりますので、1区間で15ptも付与されるという優れものです。

 

普段電車で生活していて、東京メトロが近くにある人にとっては是非活用したいクレジットカードです。また、オートチャージをすることで、JCBのOki Dokiポイントも同時に貯めることができます。

1000円で5ポイントなので、200円で1ポイントと還元率はそこまてですが、同時に貯めることができるのは大きいです。Oki Dokiポイントはメトロポイントに交換することができるので、実質メトロポイントを二重でためているようなイメージです。(それぞれの還元率は異なりますが。)

 

もちろん、定期券もソラチカカードで購入することで、OkiDokiポイントがたまります。定期券は、東京メトロの定期発行できる機械、もしくは窓口で購入が可能です。

 

そして、最後はANAマイルです。これは、基本的にANA加盟店のお店で利用したときマイルが付与されます。日々の暮らしでは、なかなかたまりません。しかし、メトロポイントから交換のレートが他のクレジットカードと比べて高いのです。(一般的なカードと比較した場合)

マイルは様々なクレジットカード会社のポイントから交換が可能ですが、一般的に還元率が悪いです。私はオリコカードのゴールドを使用していますが、還元率は60%とかなり低めです。20,000ポイントためていてもANAマイルに交換すると12,000マイルになってしまいます。

 

しかし、ANAソラチカカードをもっているとメトロポイントからANAマイルに交換した場合、還元率90%と大幅に上がります。先ほどの例でいくと、20,000ポイントが18,000マイルになり、これは国内飛行機旅行が往復ただになるレベルの還元率で、値段的に言えば約15万ぐらいの価値になります。

通常の商品券や別の会社のポイントに替えるより、ANAマイルに交換した方が断然お得。そのため、このクレジットカードは3社のポイントを効率よくためることができる高性能なクレジットカードなのです。

 

また、年1回 カード入会時・継続ボーナスとして1,000マイルもらうことができます。ANAの提携カードなので、飛行機に乗るたびに区間基本マイレージ×クラス運賃倍率10%のボーナスマイルがもらえます。

このクレジットカードは東京メトロが近くにあり、マイルを日常でも貯めたいという人が持つクレジットカードです。もし、ICカードでオートチャージ機能を使いたい方はJR東日本で出しているViewSuicaの方が年会費500円なのでそちらをお勧めいたします。

マイル交換について

ソラチカカードのマイル交換は4つのコースに分かれています。

  • マイル自動移行コース10マイル
  • マイル自動移行コース5マイル
  • マルチポイントコース10マイル
  • マルチポイントコース5マイル

 

10マイルの自動移行・マルチポイントコースは共にマイル移行手数料が年間5,000-円かかります。移行レートとしてはOki Doki ポイント 1pt=10マイル

5マイルの自動移行・マルチポイントコースはマイル移行手数料はマイル交換手数料が無料です。移行レートとしてはOki Doki ポイント 1pt=5マイル

年会費を+5,000円すればOki Dokiポイントから交換する際マイルが2倍になります。ここは、メインカードにするかしないかで、要検討ですね。マイル以外にも変える予定がある方はマルチポイントコース5ポイントがおすすめです。

 

デメリット

3種類のポイントが貯められるソラチカカードですが、デメリットを上げるとすると2つ。年会費が2,160円かかることとANAマイルに交換する際年間以降手数料が5000円(税別)がかかることです。

マイル交換手数料はほかのカードの交換手数料と比べると安いですが。。マイル交換に関してはゴールドカード以上でないと他のカードでも移行手数料が基本かかります。普通のポイントの場合は手数料は基本かかりません。

 

強いてデメリットを上げるとするとこの2つですが、年会費2,160円払って毎年1,000マイルもらえるのをお得ととらえるかどうかがポイントとなります。マイル交換で旅行等に行かない人にとっては、年会費無料のクレジットカードが多い現代においてデメリットだと感じます。

終わりに

ソラチカカードはねっと上で陸マイラー御用達と言われていて、ポイントを交換してマイルを貯めるには還元率の高いカードという位置付けになってます。メトロポイントとOkiDokiポイントがたまり、マイルにも高還元率で交換できる大変便利です!一度使うともう手離せませんよ~それでは!

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*