ドコモ携帯補償サービス利用体験談!~GALAXYnote3からGALAXYnoteEdgeへ変身?~

Pocket
LINEで送る

こんばんは。カウントです。今日は、ドコモの携帯補償サービスについて書こうと思います。早速本題です。

ドコモ携帯補償サービス

オプションでつけられるドコモ修理補償サービスです。これを毎月払っていると機器の故障に対して5,000円(税抜)でドコモが対応してくれます。スマートフォンが主流の時代になり、画面割れということが発生しやすくなった現代ではとてもありがたいサービスです。

私がおすすめしたい理由としては、不具合や破損の状況により対応は異なりますが、新品交換が可能なのです!差し出した携帯で修復可能であれば新品は来ませんが、新品をもらえる可能性も実は高いのです。

3つのサービス提供

  • 交換電話のお届け (水濡れ・紛失・全損など)
  • 修理代金サポート (補償対象の故障時、一定期間無償修理)
  • ケータイデータ復旧サービス(復旧代金割引)

データー復旧は、定期的にバックアップを取っている人なら特に使うこともないかと思いますが、①、②のサービスだけでも利用価値ありです。

2018年6月現在では、2013年夏モデル以前と2013年冬モデル以降で補償サービスの内容が異なってきています。

 

2013年夏モデル以降は先に書いた内容のサービスを受けれますが、2013年夏モデル以前は基本修理ではなく交換電話機をお届けという形になります。機種によっては、料金プランが変わる可能性もあるので、慎重に確認しながら利用しましょう。

利用手順

  1. 修理受付対応状況の確認
  2. インターネット・電話(専用ダイヤル)から申し込み
  3. 症状を伝える
  4. docomoから製品と旧携帯回収キットが届く
  5. 10日以内に旧携帯を初期化して返送
  6. 支払いはケータイ代金と一緒(dポイントも利用可能)

手順はとてもシンプルです。ただ、一つ注意しておきたいのは自分の携帯が修理受付をしているかどうかです。あまり古い機種を使っていると修理対象外ということもあります。

私の以前使っていたGALAXYnote3は2018年4月までで滑り込みセーフでした。(結局修理ではなく携帯自体交換となりましたが、結果オーライです。)

 

修理サービスが終了し交換電話機にて機種が変わる場合は新しい料金プランに強制移動することもありますので、その場合は機種変更を検討した方が良いと思います。

ケータイサービス補償のサービスセンターは年中無休、24時間対応をしています。オペレーターの方受付時間は午前9時~午後8時までと割と長い時間運営しているので、非常に助かります。

 

インターネットからの申し込みも可能ですが、電話でやった方が故障内容を手っ取り早く理解してもらえるので、話が早いです。

ドコモ携帯電話の場合『15711』とダイヤルすれば通話料無料ですので、個人的には電話での利用をお勧めします。固定電話等はフリーダイヤル0120-210-360からかけることが可能です。

 

利用体験談

私自身、このドコモケータイ補償サービスを最近使用しました。というのも約4年間愛用していたGalaxynote3を落としてしまいついにスマホ画面にヒビが入ったのです。(本体下側)


修理屋に出すと1万円ぐらいかかるので、新品に買い換えるかどうするか悩んだときにケータイ補償サービスに入ってることに気づきました。

私は未だクロッシィの料金プランを使っていてデータ通信を契約せずポケットWi-Fiを利用しています。機種変更するとそれが崩れ何かと不都合が多かったです。

 

調べてみるとどうやら想定していた値段の半額で、修理保証サービスが利用可能だとわかりドコモショップへ!

実はこのサービス、店舗にいかなくてもフリーダイヤルから対応してくれるのですが、気づいてなくてドコモショップに行ったところ、待ち時間が長いので、機種変更の検討が無い場合、ケータイ補償お届けサービスセンターに電話した方が良いですと言われました。

 

 

実際、ケータイ補償を利用する時はドコモショップに行っても店員さんもやれること少ないそうです。(はじめから調べていけばよかっと後悔)お昼ぐらいにケータイ補償サービスセンターに電話をかけ、画面が割れたから修理をお願いしたいと伝えたら、

まさかのGALAXYnote3がもう部品在庫ないとのことで、代替品交換を進められました。(そりゃ約4年前の携帯の修理部品があること自体珍しいですよね)

 

勧められた機種がGALAXYnoteEdge と GALAXY S5 Active の2機種でした。オペレーターの方から1度選択すると後から変更はできないので、一度電話を切ってご自身でお調べしてお選びくださいと言われました。

調べる時間くれるのか!!親切だな思いましたが、本来欲しかったGALAXYnoteEdgeのご提案だったので、ほぼ即答でした。ただ、Activeも気になったので、一応調べてから再度電話。特段つながりづらいということはなく、スムーズにかけなおすことが可能でした。(私の利用した時間帯は日曜日の13:00ごろ)

 

 

電話をしてから数日後に新しいケータイが届きました。壊れてしまった旧品は、ドコモへ返送しなければならないです。機種変更の時とはことなり、昔の電話を残しておくことはできません。

ただ、5,000円で新品の携帯に変えることができるならかなりお得です。(※それまで、補償サービス(月額380円契約)でお金払ってますが・・・計算すると、380円×12ヶ月=4,560円 4年間で18,240円+ケータイ補償サービス代金5,000円 実質計23,240円ぐらいでしょう。(税抜き))

 

届いた箱の中に黄色い返送用の封筒が入っているので、そこに故障している電話機を入れて10日以内にケータイを初期化して返送します。しないとペナルティをうけてしまうので期日は厳守しましょう。

ちなみに中身はこんな感じ

  • 中身の案内
  • ご利用の手引き
  • 返送用の封筒
  • 交換電話機お届けのご案内
  • 新しい交換電話機

利用の手引きもあり返送までの手順が丁寧に書かれていますので、不自由なく手続き可能です。最初にも書きましたが、返送する際は初期化が必須となります。

また、機種変更とは違い旧電話機からのデータ移動は自分でやらなければなりません。返送期間10日の間に写真のバックアップや連絡先のデータ移行、各種SNS、ゲームアカウント移動などやること盛りだくさんです。

 

比較的Androidはパソコン環境があればスムーズにデータ移行可能です。無事データ移行等は終了し、4年ぶりに携帯が新しくなりました!!

終わりに

ドコモのケータイ補償サービスは必ず入っておくことをお勧めします。修理対応受付が終了してしまっても、別の機種に交換することもできますし、万が一の時には大変役立つサービスです。月額かかるのは数百円ですので、ここはケチらず入っておきましょう!それでは!

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*