新婚旅行の思い出@ウォルトディズニーワールド~空港出発~現地到着まで

Pexels / Pixabay
Pocket
LINEで送る

こんばんは。カウントです。今日はウォルトディズニーワールドへ着くまでのことを書こうと思います。早速本題です。

成田空港出発!!

まずは、成田空港へ到着。私たちはデルタ航空にて航空券を手配したので成田空港の発券機で搭乗券を発行。手荷物の預け入れを済ませ出発時間までのんびりしてました。

成田空港内、搭乗口のなかはたくさんのお店があり、用意し忘れた日用品の買い足しもすることが可能です。私たちは、スリッパを購入。海外のホテルは基本土足になるので室内履きとして買い足しました。

 

出発時刻になり、飛行機へ搭乗。これから空の旅です。海外にいくのは3回目ぐらいでしたが、飛行機の乗り換えを含む旅行は初めてでしたので、ドキドキしながら成田空港を出発。

デルタ航空の飛行機内

デルタ航空の飛行機内は快適です。テレビモニターがあり映画や音楽、ネットテレビ、ゲームなど様々なコンテンツがあり空の旅を楽しくしてくれます。

映画などは先行配信で、日本でまだ上映されてない映画を見ることもできたりします。私は、ひたすら映画を見ていました。洋画やディズニー映画など3本ぐらいここぞとばかりに見ました。

 

乗り換え空港に着くまでにも約8時間ぐらいありますから映画でもみるか、寝るかしないと時間がいつまでたっても進みません。

寝るといっても椅子で寝てるのであまり熟睡した感じはないため、短時間で起きる可能性が高いです。ですので、初めての方は映画を見ることをおすすめします。

 

ちなみに私は飛行機に乗っているときに時差ボケに対応するために時間感覚の調整をかけます。オーランド空港に到着する時、夜であれば飛行機内は極力起きる。

到着時間がお昼ごろの日中であれば飛行機で寝るようにしてます。それだけでも現地についた時の時差ボケの感覚がなくなります。(問題ない方は調整の必要ないですね。)

 

機内では夕食と朝食が出てきます。大体、二種類ぐらいから選ぶことができて、夜はざっくり洋食と和食、朝はヨーグルトかパンの軽食がついてきます。

イメージはこんな感じ。

結構美味しいです。飲み物もコーヒー、アルコール、ジュースと各種揃ってます。(一部有料)

 

乗り換え空港でアメリカへの入国審査があります。機内配られる入国書類、2種類あります。グリーンカード→旅行者の入出国カードです。入国審査時にパスポートと一緒に提出します。

書き方は機内にありますので各自確認です。わからなければ乗務員さんに聞けばOKです。特に問題なければ、入国日の日付が押されパスポートと一緒に返されます。

もう一つは、ホワイトカード→関税申告書です。入国審査後に税関検査があります。免税の範囲内であり問題なければ受理されます。免税の範囲を超えるカウンターに行って別途申告が必要になりますのでご注意を。

 

基本的には、きちんと記入していれば問題なくクリアできます。不安な方は事前に各航空会社のHPを参考にするといいと思います。

 

ミネアセントポリス空港

機内食、映画を楽しみ、やっと乗り換え空港に到着!私たちの行きの乗り換え空港はミネアセントポリス空港でした。アメリカの空港でもかなり大きな空港です。

ここでアメリカへの入国審査があります。検査員のところにいき、飛行機内でかいた書類とパスポートを提出。

 

静脈検査+旅行の目的と滞在日数(英語で)をきかれます。

大体、sightseeing(観光)、honeymoon(新婚旅行) about 1week(約1週間)と単語ではっきり答えれば問題ないです。

 

そのあと大概enjoy your trip ! よい旅をと検査院から言われるのでThanks!と返しておけばバッチリです。その次は保安場の通過です。金属類をはずして機械を通り、問題なければ入国完了です。

ちなみに、飛行機に乗っていたキャリーケースなどの手荷物は勝手に乗り換えの便に運ばれているのですが、きちんと運ばれているかちょっと心配になります。(基本的にはちゃんと移動しているので問題ないです。)

初めての乗り換えの飛行機でしたのでミネアセントポリス空港の観光も含めて時間は長い方がいいと思い、時間は余裕を持って3時30分ぐらいで設定してました。

 

乗り換えの飛行機搭乗口まではモノレールを乗って移動します。この際、自分の乗り換える便のところへ行くことを確認して乗ってください。

広い空港で、たくさんお店がありました。定番のお土産店から飲食店、雑貨屋さんなど様々です。

 

乗り換え搭乗口の近くにいくとディズニーのぬいぐるみや鞄を持ったちらほらと日本人の姿が。オーランド行きここで間違ってないんだなて少し安心しました。

(もちろん、搭乗口の番号とかでちゃんとチェックしてます。)

 

次もデルタ航空なのですが、最初の飛行機よりかは少し小さく、のってる時間も2時間ないぐらいですぐにつく印象でした。乗り心地はまずまずといった感じ。

小さい飛行機のため映画のモニター等はついてなかったです。日本の国内線に近いイメージです。

オーランドへ到着!

飛行機をおり、手荷物を受け取りにいきます。手荷物がちゃんとこの飛行機にのっているか手元にくるまでやっぱり不安でしたね。

自分達のキャリーケースが出てきてホットしました。

 

空港へついたのは夜遅い時間だったためあまり人はいないとと空港おりたときは感じていたのですが、

ウォルトディズニーワールド行きのバス乗り場にはたくさんの人がいました。こんな時間でもいるんだと驚きましたね。

 

オーランド空港はミネアセントポリス空港に比べるとわかりやすい構造をしています。

また、ウォルトディズニーワールドへの案内も丁寧に書いてあるのであまり迷うことはないでしょう。

 

ウォルトディズニーワールドに行くにはオーランド空港からバスで移動になります。予めMy  Disney Experienceで、初日のオーランド空港到着時刻と帰りの出発時刻を登録しておく必要があります。

 

ホテルによってバスの乗り場の番号が分かれてます。人気のホテルだとバスを1、2回待つこともあるみたいです。(実際待っていた人達がいました。)

私たちはポートオーリンズ~リバーサイド~というホテルに泊まったのですが、当時、日本ではツアーが組まれてなかったためか、あまりバスを待たずに乗ることができました。

 

 

ウォルトディズニーワールドまでは、バスで約40分ほどで到着します。さすがに妻は初の飛行機だったせいかのってすぐに爆睡でした。

私はというとアドレナリンが出まくっていて終始起きてました。マジックキングダムへ入る途中の写真もとれました!(携帯&車のなかなのでぶれてます。)

 

そうこうしているうちに各ホテルに順繰り停まりながら宿泊先のポートオーリンズへと到着。

ホテルでチェックイン!

バスを降りてからフロントへ向かいチェックイン。予約の紙を持っていたのでそれを見せて、名前を言ってしばらく待ってました。(この時もちゃんと手配できてるかドキドキです。自らの手で全部手配しましたから。)

無事、確認がとれマジックバンドと案内図が渡されました。マジックバンドにクレジットカード機能つける?と聞かれましたが、この時はつけませんでした。つけてもつけなくてもどちらでもオッケーです。

海外の人は手ぶらを好みますのでマジックバンドですべて解決できるのがベストみたいですが。

 

宿泊先は、フロントから少しあるいたところに2F建てのコテージみたいな部屋がいくつもあり、近くにちょっとしたプールとかもありました。

こんな感じの外観です。(翌日取りました。)

泊まった部屋は普通によかったです。部屋の中もきれいで、いい雰囲気に包まれてます。

そもそも、日中から夜まではほとんどホテルにいないので、私たちにとっては十分でしたね。無理にデラックスタイプを取らなくてよかったと思います。

 

さすがに長い空の旅で疲れてたので明日に備えてすぐに眠りにつきました。

 

終わりに。

オーランド空港からウォルトディズニーワールドまで、無事たどり着くことができ本当に良かったと今でも思います。

ここから、1週間ぐらいウォルトディズニーワールドで遊びまくりました。正直1週間じゃたりません。(笑)パーク広すぎです。

続きはまた今度。それでは!

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*