新婚旅行の思い出@ウォルトディズニーワールド準備編2

flynn_chris / Pixabay
Pocket
LINEで送る

こんばんは。カウントです。今日はウォルトディズニーワールド旅行の続き書いていきたいと思います。今回は、海外旅行の準備編です。実際に予約する流れで書いていきます。

ウォルトディズニーワールドの予約について

では、本題です。

EATAの取得

まず、アメリカに行く際に絶対必要なビザ、ESTAについてです。

下記の通り、アメリカに入国するのに必ず必要となります。見せることはないですが、登録していなかった場合、空港でとめられてしまいます。

 

ESTAは、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。

このオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者は、

米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。

引用:https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/

 

申請はいたって簡単でネット上から申請することが可能です。費用は14ドル、クレジットカードでの決済になります。一度承認を受けると2年間有効になります。

個人情報を入力し、申請します。メールなどで承認通知等が来ないので、申請した際に控えをコピーしておくことをおすすめします。

 

もちろん旅行先にも持っていってください。万が一、なにかで提示する可能性もありますので。

申請するタイミングですが、航空券をとる前に申請した方がいいです。申請が通らないということはほぼないのですが。取得してから2年間有効ですので余裕をもって手続きを行いましょう。

 

ちなみに、2016年4月からパスポートの要件が追記されています。参考までに。

2016年4月1日より、ビザ免除プログラムの渡航者はEパスポート(IC旅券)の所持が必要になります。この規定は、すでに有効な電子渡航認証(ESTA)を取得している渡航者にも該当します。

引用:https://jp.usembassy.gov/ja/vwf-changes-march2016/

 

ビザを取得したら次は航空券です。

 

航空券の手配

まず、オーランドまでは成田空港からの直通便がありません。必ずアメリカの空港を1つ経由します。経由地はいくつかありますが、飛行機を選ぶ際に決めます。

ツアーの場合は、案内の人がいたり、比較的迷いにくい空港や、乗り換え時間も考慮してとってくれますが、自分で手配する場合はその辺りを考える必要があります。

 

便のなかには、乗り換え時間が極端に少ないものもあります。(30分など)そうすると、値段が安かったりしますが、初めての方は2~3時間ぐらい余裕があった方が安全です。

表記はすべてありますが、初めての空港で迷うことも考えらますので。乗り換え時間短いのは、海外旅行慣れてる人や乗り換えでいつも経由してる場所で、最短距離がわかっている人。が利用する便です。

 

極端に短い乗り換え時間は安くても選択しないようにしましょう。私達は、行きはミネアセントポリス空港と帰りはデトロイト空港でとりました。

行き帰り同じ乗り換えの方が無難ですが、飛行機の時間によっては、同じ乗り換えの経由地がない可能性もあるので、下調べを入念にしておく必要があります。

 

各空港のホームページから空港内の地図をダウンロードすることが可能ですので、事前に乗り換え口を確認しておくことをおすすめします。

 

デルタ航空がおすすめ!

私達は、アメリカのデルタ航空を使用しました。私が学生の頃海外に行ったときに利用したのですが、機内食も美味しく、映画も豊富で快適だったので、今回もこちらを利用してます。

アメリカの会社ですが、日本語版のホームページがありますので、予約も国内の宿をネットで手配するのと同じ感覚でできます。

 

手順としては、

  1. 往路、復路の日付指定
  2. 便の選択
  3. 飛行機内の座席選択
  4. クレジットカードで決済

 

この4つだけです。結構簡単です。あとは、先程あげた、経由地の注意事項を考慮して、便を選択します。

自分で自由に時間を選べるので、プランしやすいですもちろん、早割もありますので、手配を早くした方がお得です

 

おすすめのスーツケース

飛行機の手配がすんだらスーツケースの準備と機内持ち込み可能なものの確認です。スーツケースはアメリカ渡航の場合TSAロックに対応しているものを買いましょう。

そうしないと、中身をあけられてしまいます。悪質な場合は中身がとられるという話も聞いたことがあります。

スーツケースは下記のものをおすすめします。レジェンドウォーカーのスーツケースです。通常3万ぐらいしますが、アウトレット品であれば、17000円ぐらいで購入できます。

 

【アウトレット】LEGEND WALKER レジェンドウォーカー トラベルメーター B-6021-70 重量計測機能 量り 計り Lサイズ 7泊 8泊 9泊

  • ケースサイズ:(約)70×48×30cm
  • 全体サイズ:(約)77×51×30cm
  • 三辺の和:158cm
  • 重量約:5.5kg
  • 容量:90L
  • 旅行目安:7泊〜
  • 対応キャスター:360°回転自在キャスター
  • ボディ:材質本体:ポリカーボネート100%
  • ロック:TSAロック
  • 中仕切り:メッシュポケット付き中仕切り×2、

大きさは1週間~で、重量が測れるタイプです。旅行の場合は、お土産とかを必ずといっていいほど買いますので、重量測れるケースが良いですよ。

最初より重量絶対に増します。無料荷物預けの重量を超えるとやっかいですし下手すると飛行機に乗り遅れるという最悪の事態も考えられます。

 

もちろん、ホテルとかで計量器が準備されてればその機能は要りませんが、ない可能性もありますので、私達は、重量計算タイプを楽天市場で購入しました。

アウトレット品でしたが、使用上全く問題なかったです。十分です。新品で購入してもありですが、スーツケースは傷つくものですし海外の空港は扱い雑なところもありますのでアウトレット品でいいと思います。

 

海外に持っていくべきもの

海外に持ってくものを明記します。おおよそここにかいてあるものでOKですが、別途個人的に必要なものは、用意をしましょう

機内に持ち込むもの

  • パスポート(コピーも)
  • 航空券
  • ESTA(証明書控え)
  • 海外旅行保険証
  • 現金(現地通貨+日本円)
  • クレジットカード
  • 財布(ブランド物ではなく旅行用)
  • 観光用のかばん(必ずファスナー付き)
  • 日程表
  • 常備薬
  • 貴重品

スーツケースに入れとくもの

  • セキュリティーポーチ(現地にて使用)
  • タオル
  • 着替え
  • 化粧品
  • 生理用品
  • カミソリ
  • 充電機器
  • 海外用電源変換プラグ
  • ガイドブック
  • 会話集
  • 雨具(レインコート等)
  • 洗濯洗剤(小分けされてるもの)
  • スリッパ
  • お土産リスト
  • エコバッグor折り畳みカバン

 

おおよそ行く前の準備はこんな感じです。特に赤字のものは必須級のアイテムです

ウォルトディズニーワールドに限らず、アメリカへ旅行する際に共通することもあるかと思います。参考になれば幸いです。

終わりに

海外旅行は事前準備が色々とありますが、ここをおろそかにすると旅行当日にあたふたします。エスタ申請やスーツケースの準備はぬかりなくしましょう!!

もちろんパスポートの取得もお忘れなくです。

それでは!!

Pocket
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*